2009年07月06日

ポスター

ポスターができました。
0906ポスター1000.jpg

印刷掲示用は、こちらからダウンロードしてご利用ください。
どんどん掲示してください!

A3に印刷したものが、キッチンミキにあります。印刷できない方は、鳥に来ていただければお渡しできます。
【関連する記事】
posted by kubo at 07:01| 東京 ☀| Comment(53) | TrackBack(1) | 地球感謝祭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出店参加の申し込み受付

早稲田地球感謝祭2009、今年の出店の募集を開始しました。
こちらのオンラインフォームからお申し込みください。
できるだけ、オンラインで登録をお願いします。

FAX申込書

申し込み締め切り 8月7日(金)
posted by kubo at 01:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 出展・参加について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

早稲田地球感謝祭2009企画概要

主催  :早稲田大学周辺商店連合会
清水恒夫(会長)、桜井一郎(事務局長)、北上昌夫(早大西門体育館通り商店会)、栗林健二(早稲田駅前商店会)、飯田文雄(大隈通り商店会)、浦野実(早大通り商栄会会長)、中島達欣(早大南門通り商店会会長)、大井一良(ワセダグランド商店会)、山内康行(早稲田商店会)

実行委員会:実行委員長 山内康行(早稲田商店会・キッチンミキ)
副実行委員長 薮内謙治(大隈通り商店会・KY商店)
滝吉道信(ワセダグランド商店会・コーエー)
金井久義(早稲田商店会・中華花月)
事務局 久保里砂子(早稲田商店会)
商店会店舗、学生、住民、在勤者、各種団体他の有志

開催日  :9月23日(水・祝)

会場  :早稲田大学早稲田キャンパス

後援:新宿区、新宿区教育委員会 協力:早稲田大学 東京都 心の東京革命推進事業

【目的】
・このイベントは、イベントの準備・開催を通じて、早稲田の街で人が出会い・関わることによって、参加する人と街が元気になること「早稲田の街の元気づくり」を目的として開催します。イベント当日のにぎわい以上に、イベントを通じて、街に様々な活力が注がれることを期待します。

【本年のテーマ】
「元気力UP」 人の元気・地域の元気・地球の元気を高めます!

【企画趣旨】
・参加者一人ひとりが、やりたいことを実現し、自ら楽しむことを第一としています。環境、防災、地域コミュニティ、健康、世代間交流、地域交流をテーマに、早稲田の街を様々な切り口で盛り上げていきます。

【昨年の実績】
来場客4万人、参加企画数100、参加団体数80、企画参加者1200人(学生さん300人)

【コーナー】〜参加者大募集〜 皆様の“表現の場”、“活動の場”、“ご商売の場”に。
・環境 :温暖化防止、ゴミの減量、リサイクルを楽しく体験できる企画。
・防災 :地域の取り組み・今私たちにできることをみたり聞いたり、そして実践。
・街の文化祭 :街の芸術の発表の場。各種作品展示・発表(教室・廊下利用)。
・キッズ :元気な子どもがわんぱくに遊んで学べる場。体験・参加型企画。
・ステージ :ライブ、コンサート、各種パフォーマンス、シンポジウムなど
・早稲田の街の音楽祭:地元の小・中学生の合唱・演奏
・街コミュニティ :街の安心安全、地域交流など
・模擬店 :おいしく盛り上げます。全国各地の特産品販売

企画概要のWORDファイルはこちらからダウンロードできます
posted by kubo at 10:38| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球感謝祭について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

大盛況で幕を閉じました。

宮本です。

地球感謝祭2008が大盛況で終了しました。


今年もお天気に恵まれ、100の企画に1500人の参加者、300人のスタッフの
パワーが結集された一日、どこもかしこも楽しいブースで一杯でした。

当日の様子は後日また書き込みさせていただきます。


企画を出展された皆様、
当日まで運営の準備をしてくださった皆様、
そして、当日会場に足を運んでいってくださった皆様に
感謝申し上げます。

posted by 宮本 at 22:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

早稲田地球感謝祭2008

日時:9月23日(火・祝) 10:00〜16:30
会場:早稲田大学早稲田キャンパス
主催:早稲田大学周辺商店連合会
後援:新宿区・新宿区教育委員会
協力:早稲田大学
東京都「心の東京革命」推進事業
posted by kubo at 00:00| Comment(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

のぼり設置。

こんばんは。

宮本です。
地球感謝祭まであと3日に迫ってきましたね。
ついにカウントダウンという感じです。

早稲田大学の周辺には、
地球感謝祭ののぼりが設置されました。

早稲田のまちは徐々に地球感謝祭色に染まっています!
posted by 宮本 at 19:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

「化石燃料恐竜」早稲田地球感謝祭に参上!

皆さんこんばんは。
宮本です。

地球感謝祭の環境コーナーで、
「化石燃料恐竜」が出現いたします。

化石燃料恐竜ってなんじゃこりゃ??
というかたは、是非、地球感謝祭に足をお運びください。
大隈銅像付近に出没します。

@団体名
A企画紹介
B意気込み

↓↓↓

@
国際環境NGO FoE Japan

A
☆「化石燃料恐竜」早稲田地球感謝祭に参上!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〜恐竜くんと考える地球温暖化〜人類がゼツメツしないためには?〜

「化石燃料恐竜」は、石油をはじめとする化石燃料に依存した私たちの社会経
済を象徴し、その行く末を考えさせてくれる、FoEの巨大なマスコットです。

この秋、早稲田大学のキャンパスで開催される「早稲田地球感謝祭2008」にて、
大隈銅像のあたりに出現することになりました。ブースでは、FoE Japanスタッ
フが、温暖化問題をわかりやすく解説するとともに、日本に今必要な「しくみ
づくり」を提案します。

・化石燃料恐竜ものがたり(紙芝居)
・地球温暖化問題の影響から解決に向けたパネル展示と説明
・日本が確実な排出削減を行うためのしくみづくりについて
 「MAKE the RULE」キャンペーン紹介、署名

B
8号館前にいます!
ぜひ遊びに来てください。
※化石燃料恐竜のページはこちら
  http://www.foejapan.org/lifestyle/energy/dinosaur/index.html
posted by 宮本 at 16:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

ブックスルネッサンス浅利さんインタビュー

地球感謝祭では、7つのコーナーがある。
そのひとつが街コミュニティコーナーである。
そのコーナーリーダーを任されているのが、
ブックスルネッサンスの浅利さんである。


早稲田の街には、多くの古書店が立ち並ぶ。
古書店では古書の収集家の客も来店することが多い。
その中で南門通りにあるブックスルネッサンスは、
一般の方への敷居が低い本も多く取り扱う。

店主の浅利さんの配慮が、店にちりばめられている。

棚に並んである本についてもそのひとつ。
例えば村上春樹。
村上春樹と一緒に読んでほしい本を周囲に並べて陳列することもあるという。
いわば連関性を持った棚作りも行っている。

「棚作りには悩みの連続だね。この本をここに並べたという心意気を感じ取っていただければ良いのだけど、全てのお客様が汲み取ってくれるわけではないから、陳列が単におかしいって思われてしまうこともある。まあ、お客様にこうしてほしいというのはおこがましいことでもあるんだけどね。」

棚ひとつにおいても、何かしらの意図が反映されていると思うと
次回お店に行くとき、少し楽しみになる。



学生街における本屋は、客である学生は嗜好性の変化が激しい上に、
学生は4年で街を去ってゆく。
学生のニーズをつかんだと思うころには、学生はもう卒業してしまう。
本屋とは客である学生とのコミュニケーションが求められる世界だ。

更に現在、学生は本を読まなくなってきているという。
市場としては更に厳しい。
「まずは、しっかりと利益を上げることが何より大切」と浅利さんは言う。

そんな本を読まなくなった学生に対しては、
「毎日毎日本を読まなくても良いと思う。映画も行ったり、遊んだり、
 でもその中で何冊かで良いから本を手にとって見ることも良いんじゃないかな」

「でも、」
「ライフスタイルの提案といったらおこがましいんだけどね」と浅利さんは言う。
しかし、そんな文化的なライフスタイルも悪くない。と筆者は思う。

本は買う人のアイデンティティが反映される。
そんな本を扱う古書店ならではの一言なのだろう。

ブックスルネッサンスは
早稲田通りと早稲田大学の大隈講堂の間にある南門通りにある。
地球感謝祭でも出展するので当日は是非足を止めてみてほしい。


(宮本智則)
posted by 宮本 at 10:58| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三品食堂 北上さんインタビュー

9月8日…
例大祭の翌日、いつもどおりの表情に戻った早稲田のまち。
昨日からは想像できないくらい静かな、晴れ渡った日の朝。

まだ夏休み中、食べることはできないけど、三品食堂が近づいてきました。

三品食堂のマスター・北上さんは、まち文コーナー創設時からずっと
コーナーリーダーを務めていらっしゃいます。
今回はそんな北上さんにお話を伺ってきました☆


インタビュアー(以下イ) こんにちはー!
北上さん(以下北) おぉ、こんにちは。
イ 昨日はすごい楽しかったです(前日は水稲荷神社の例大祭)。
北 そりゃよかった。最中は雨にも降られなかったしね。
  終わったとたんものすごい勢いで降ってきたけどねぇ。ほんとに。
イ ふくらはぎがちょっと痛いんですよね(笑)
北 あぁ、つま先立ちだからねー。大変だったでしょう。
  …で、今日は何の話をすれば良かったんだっけ?
イ あっ、一応感謝祭にかける思いなんかを聞かせていただけたらなぁ
  と思うんですけど、雑談みたいな感じで大丈夫ですので、構えないでください(笑)
北 ああそうなの?わかった(笑)
イ いきなり雑談っぽいですが、
  北上さんはいつから早稲田でお店をやってらっしゃるんですか?
北 三品食堂を継いだのが平成2年。それまでは鉄鋼会社で働いてたんだけど。
  それからすぐ当時の商店会長に「ワーキンググループ」に入れって言われて。
  早稲田のまちの活性化のために何ができるかって考えて。
  タウンマップ作ったりしたんだよ。ほら、壁に貼ってあるやつ。
  会社にいるときからデザインするのが好きでさ。社内報の挿絵とか描いたりね。
  会社じゃスキー部に入ってて、そのTシャツのデザインしたりとかね。
イ なるほど。感謝祭のTシャツもデザインされてますもんね。
  あと地ビールのラベルのデザインも。
北 最初のうちは感謝祭のポスターなんかも作ったり。
  エコサマーフェスティバルの流れがあったし、空き缶かなんかをモチーフにキャラクターを
  作ろうってことで、「エコマル」ってやつ作ったりね(笑)
  今年のTシャツにもしっかり入ってるからね、エコマル。
  感謝祭とはそういう関わり方をしてたかなぁ。
イ なるほど。
  北上さんが「まち文」(まちの文化祭コーナー)を担当するきっかけって何だったんですか?
北 最初はもう全体がまち文みたいな感じでね。
  普段発表できない特技とか、隠れた才能とかを披露する場って感じで。
  最初は運営側でやってたから、流れでまち文コーナーを担当することになったね。
イ そうだったんですかー。
  今年は何団体くらい出展されるんですか?
北 まぁ7,8くらいかなぁ。だいたい固まってきちゃってるけどね。
  今年は8号館の1階だけを使ってやるんだよね。
イ そうなんですよね、あとキッズコーナーも同じ場所でやるんですよね。
  親子連れとかで盛り上がるといいですけどね。
北 そうだね。盛り上がるんじゃないかな。天気が良いといいけどなー。
  まぁでも楽しくやれたらいいよね。
イ そうですね。
北 うん。そうだねぇ。
  …だいたいこんな感じでいいかな?(笑)
  今日はありがとう。
イ いえいえ、こちらこそ本当にありがとうございました!


まち文コーナーは、早稲田のまちの絵画サークル、重度の知的障害者、
ユニークで優しい画家などの絵を始め、絵本やTシャツや感謝祭の歴史など見所はたくさん!

その他、楽しい体験コーナーも充実。自分だけの和紙絵画を作れたりします。
当日は8号館に遊びに行ってはいかが!?


(六本木啓央)
posted by 宮本 at 10:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。